夏祭り5分前 

夏祭りの画像


 まだ陽の残る空に、祭りの音が鳴り響き、公園裏の道路には、
屋台のお兄さんお姉さんたちのトラックが並んでいます 


 コチサ
踊りのシーズン到来だね 


 母親に手を引かれ、色とりどりの浴衣に身を包んだ小さな女の子たちが、
コチサとすれ違っていきます 


 背中の帯に小さなうちわを差して、暑さ対策も万全のようです 


 そんな女の子のひとりからがかかりました。


 「こんにちは


 その浴衣の女の子の笑顔の先には、顔見知りの老夫婦の顔が…





 コチサ
「こんにちは、えーと・・・(どこの知り合いだったっけ? 顔はわかるんだけど…(^_^;))」


 ご婦人
「お互いいつもすれ違いの挨拶だけだから、名乗った事はありませんよね。○○と申します(#^.^#)」


 コチサ
「こんにちは、コチサと申します 


 ご主人
「お互いにいつもの格好と違うから、最初はづきませんでしたよ(^^)」


 コチサ
あーわかった(*^^)v)」





 早朝ランニングの周回コースで、反対周りをしていて、毎回すれ違うご夫婦でした 


 お揃いのトレーニングウェアに身を包み、二人良くウォーキングをしているご夫婦でした。


 すれ違うたびに、ほんの一秒の間に、
こんにちは
せいが出ますね
何周目ですか?
などと声を掛け合うだけの、でももう何年ものお付き合いの顔見知りです 





 コチサ
「今日はトレーニングウェアではなくて、奥さまのステキなスカーフと、
ご主人さまのアスコットタイがおいの柄なんですね 


 ご主人
「こいつが裁縫が好きなもんで…わたしは恥ずかしいんですけどね(^_^;)」





 その間も、笑顔の女の子がじっとコチサを見ています 





 ご婦人
「あっ、これのレイサです 


 コチサ
「レイサちゃん。こんにちは。ステキでおしゃれな名前だね。今風でカッコイイ名前だよ 


 ご主人
「家内がつけたんですよ。
息子夫婦が私たちに名付け親になって欲しいなんて嬉しいことを言ってきてくれましてね(^o^)」


 ご婦人
「この人ったら、喜んじゃって、画数辞典なんか買っちゃって、いろいろ調べてるんですよ。
でも、なんか私たちがつけたらきっと「○○子」みたいな名前になっちゃって、
それは嫁もそれで良いと言ってくれるとは思うんですけど、の気持ちを考えたらねぇ」


 ご主人
「それでこいつが、インターネットとかでいろいろ勉強して、
これなら字画も良いし今風で恥ずかしくないって付けたんですよ!」


 コチサ
「本当にステキな名前ですよ。
レイサちゃん、おばあちゃんにステキな名前をつけてもらってよかったね 


 レイサちゃん
「おばあちゃんじゃないよ。バーヤだよ 


 コチサ
「あっ、失礼しました(/_;)」


 ご婦人
「いいんですよ。おばあちゃんとおじいちゃんなんだから。
私たちはそう呼ばれて嬉しいんですけど、
嫁が気を使って「バーヤ」「ジーヤ」と呼ばせるんですよ(*^_^*)」





 紳士淑女の夫婦には、気配りのきく淑女のおさんがちゃんとやってくるものなんだ 





 コチサ
「レイサちゃん、レイサちゃんのママはステキな人なんだね」


 レイサちゃん
「ううん、ママはカッコイイママだよ 


 コチサ
「そう。カッコよくてステキなママなんだね 





 祭り太鼓の音が大きくなり、スピーカーから盆踊りの曲が流れ始めました 





 コチサ
「お祭り、始まっちゃいますよ。行ってらっしゃい 


 ご婦人
「良かったらご一緒にいかがですか?」


 コチサ
「ありがたいお誘いですが、せっかくのお孫さんとの入らずです、ご遠慮させていただきます 


 ご主人
「水入らずじゃないんですよ。嫁も来ていますから(*^^)」


 レイサちゃん
「ママ、あそこで太鼓叩いているよ 





 レイサちゃんの指差す先のヤグラの上では、
はっぴ姿で片方の肩を出してバチを振るカッコイイ女性が・・・





 コチサ
「そうなんだ。本当にカッコイイママだったんだね 


 ご婦人
「それではまた!」


 ご主人
「明日の朝は、られますか?」


 コチサ
「えぇ、もちろんです 





 あっ、そうだ! 





 コチサ
「レイサちゃん、ちょっと待って 


 レイサちゃん






 やっぱり、どんな時もポケットに商売具を入れておくことは大切です 


 さぁ何色が出るかな?


 取り出した一本は黄色でした 





 コチサ
「はい、この風船を、こうやってこうやって、フッと息を吹きかけて・・・
はいプードルの出来上がりぃー 


 レイサちゃん
「わぁーありがとう! 





 どう?


 今度はコチサがちょっぴりカッコ良かった? 


 さぁ家に戻って夕ご飯を食べようっと! 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する