スープ割り 

カレーライスの画像
「大好きなカレーライス(*^^)v」


 持って生まれた得手不得手というのは誰にでもあるもので、
コチサの場合は、特に得手の方が多いのですが・・・


 食べものの食べ方のバランスの悪さもそのひとつです 





 例えば、カレーライス・・・


 カレーとライスが、うまく同時に無くなることはまずありません 


 気をつければ気をつけるほど、どちらかのランスが悪くなります。


 子どもの頃は、それで、残ったカレーにご飯を足し、ご飯が残ればカレーを足しを繰り返し、
お母さんに「お前、このままやと際限なくるでぇー(ーー;)」とたしなめられたものでした 





 例えば、うな丼・・・


 絶対に、うなぎが先になくなって、甘いタレの付いた汁ご飯が大量に残ります 


 この場合は、さすがにうなぎだけの追加は出来ないので、後半は、うなぎの味をい出しながら、
味の付いたご飯だけをひたすら食べることになります 





 で、最近お気に入りの三田製麺所の「つけ麺」です。


つけ麺の画像
「三田製麺所のつけ麺・大400g(*^^)v」


 ここの「つけ麺」は、汁が濃厚で、太くて硬い麺にこってり絡んでとても美味しいので、
コチサは「六本木店」と「新宿店」に通い詰めています 


 ここでは、毎回必ず「(400g)」を注文するのですが(特大だと100円プラスになるからね(^O^))、
何回食べても、スープが先になくなるのです(全く学習が出来ないのです(/_;))。


 「六本木店」ではカウンター席なので気が付かなかったのですが、「新宿店」には、
テーブル席に「スープ割り」と書かれたポットが置いてあります。


 蕎麦湯のようなもので、あちこちで麺を食べ終わった人が、残ったスープに、
このゆで汁を加えて美味しそうに飲んでいます 


 そんな斜め前の席の人と目が合いました 





 コチサ
「(スープ割り、味しそうですね )」


 斜め前の席の人
「(ええ、美味しいですよ。
ところで、なんでスープにつけずに、ただ麺だけを食べているんですか?)


 コチサ
「(実はすでに汁が無くなってまして・・・ます?)」


 斜め前の席の人
「(イヤ、もし見せてくれるなら、どんな食べ方をすれば先に汁がなくなるのか、
もう少し前から見たかったです(^_^;))」


 コチサ
「(・・・)」





 そんな会話を目と目で交わしながら、々と麺だけを食べ続けます 


 店員さんに「すみません、スープだけの追加って出来ます?」と聞く勇気のないコチサですが、
こういう場合、頼めばスープを追加してくれるのでしょうか?





 社長
「で、次回は一緒につけ麺に行こうって?」


 コチサ
「うん、コチサがスープが無くなった時点で、スープを少しちょーだい。
一度でいいからスープ割りっていうのをわってみたいんだよ 


 社長
「いいけど、分取り過ぎじゃない?」


 コチサ
「へっ?」





 『塩分取り過ぎ』なんて考えたこともなかったけど、
コチサもそんな心配をされる年齢になったか・・・


コメント:

相変わらず食欲旺ですね。
やっぱりコチサさんは、ハイキングで食べ過ぎて「お腹苦しい」って言いつつ、毎回懲りずに同じ事を繰り返している姿が一番似合ってますよ。
  • [2012/07/09 11:23]
  • URL |
  • コチサファン一号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

訂正です。
「食欲旺」→「食欲旺盛」
「ハイキング」→「バイキング」
間違えました、すみません。
  • [2012/07/09 15:56]
  • URL |
  • コチサファン一号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

> 相変わらず食欲旺ですね。
> やっぱりコチサさんは、ハイキングで食べ過ぎて「お腹苦しい」って言いつつ、毎回懲りずに同じ事を繰り返している姿が一番似合ってますよ。

おかげさまで、美味しく楽しく満腹になっております(笑)
ここのつけ麺は最高です♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する