おはなしピエロ公演-「とりなしの祈り」 

6月お誕生日会の画像1
「ボク、とりなしだよ、ヨロシクね」 とりなし君の挨拶に、体をひっくり返して喜ぶ子も(笑)


 毎月恒例の保育園でのお誕生日会での「おはなしピエロ」公演 
 今回は「とりなしの祈り」という演目を披露させていただきました 





 前回の、特別養護老人ホームへの慰問に一緒に参加した子どもたちもいるので、
その時の気持ちをもう一度り返る思いを込めて作ったものです 


 ところで・・・
とりなしの祈り」ってご存知ですか?


 「とりなしの祈り」というのは、
自分以外の人の為に祈る「お祈り」のことを言うそうです 


 特養施設で、お年寄りを前にして、
おじいさん、おばあさん、いつまでも元気で長生きしてください
と子どもたちが感じた気持ちこそが、
とりなしの祈り」なのではないかというお芝居です 





 物語は、「とりなしくん」という主人公を登場させ、
このとりなしくんが、コミカルに、時に滑稽に動き回りながら、
いろいろなお祈りの中から「とりなしの祈り」について案内していく、という形で進んでいきました 



 とりなしくん
「いろんなお祈りは、大きくなりながら覚えていくお祈りだけど、
この「とりなしのお祈り」だけはその反対なんだよ。
「とりなしのお祈り」は、産まれたばかりの赤ちゃんは誰でもできるのに、
大きくなると忘れちゃうお祈りなんだよ 



 子どもたち
「どゆこと?」


 それを証明するために、とりなしくんは、おもちゃのぬいぐるみを、0歳児の園児に差し出します 


 それを受け取る園児。


 次にとりなしくんは、「ちょーだい」と言って園児に手を出すと、
園児はぬいぐるみを渡してくれます。(ここ、うまくいって



 とりなしくん
「赤ちゃんはね、みんなとりなしの心を持って産まれてきているんだよ。
自分のものでも、誰かが「ちょーだい」と言えば、あげちゃうんだよ。
見たでしょ。みんなだってそうだったんだから・・・
これは、相手が欲しがるからあげる。相手の喜びを叶えてあげることだよ・・・
それが、とりなしの祈りなんだよ・・・
それがさ・・・
大きくなると、「これは自分のおもちゃだ」とか決めて、
弟や妹が「貸して」とか言っても「嫌だ!」とか言って、
「とりなしの祈り」の気持ちを忘れちゃうんだよ・・・
(指差して)そういうこと、あるよね。ね。ね。ね 






 今回は、ちょっと教育的でコチサっぽくない展開だったかなと思いつつも、
お年寄りを前にして、しい心で接していた園児たちの気持ちを
いつまでもれないでいて欲しいという願いをこめての構成となりました 


6月お誕生日会の画像4
「6月生まれのみなさん、お誕生日おめでとうございます♪」

6月お誕生日会の画像3
「ボクの名前は、とりなし。みんな、よろしくね♪」

6月お誕生日会の画像2
「自分以外の人のためにお祈りすることを、とりなしの祈りって言うんだよ(*^^)v」

6月お誕生日会の画像5
「おともだちの天使さんを紹介するね♪」

6月お誕生日会の画像6
「ちょーだい(^o^)」

6月お誕生日会の画像7
お別れのご挨拶だよ! 手を大きく上げて、「まったねぃー(^o^)丿」






 とりなしくんは、児だけのそばにいるわけじゃない 


 私たちみんなのまわりにいて、
人々の「とりなしの心」が失われないように
日夜活躍しているんだぁ!!! 





 お母さん
「でもお前は、ゼロ歳児の頃から、一度ったもんは絶対にさへんかったで。
生まれつき、とりなしの心を持たんかった、しい子どもやったんやな(^_^;)」


 コチサ
「そ、そんなことはないよ。
ちゃんはみんなとりなしの心を持って産まれてきているんだよ、
失敬なことは言わないで欲しいな 


 お母さん
「そりゃ失礼。きっとお前にも、とりなしの心はあったんやと思うわ。
でも、それを上回る「ケチ魂」が強かったんやな。
どや? グーの音も出えへんやろ^_^;」


 コチサ
グー! 


コメント:

素敵な言葉ですね!

私が長年、信条としてきたことだ~と思いながら、読みました。決して自惚れとかではなく、皆さんも基本的には心の奥底にあるんじゃないでしょうか??見返りを求めることなく、人の為に祈るというのはなんて素晴らしい諸行なんでしょう!一人ひとりがこういう気持ちでいれば、最近、増えている痛ましい事件はなくなるのではないでしょうか!早く平穏な世の中になってほしいものです。

Re: 素敵な言葉ですね!

> 私が長年、信条としてきたことだ~と思いながら、読みました。決して自惚れとかではなく、皆さんも基本的には心の奥底にあるんじゃないでしょうか??見返りを求めることなく、人の為に祈るというのはなんて素晴らしい諸行なんでしょう!一人ひとりがこういう気持ちでいれば、最近、増えている痛ましい事件はなくなるのではないでしょうか!早く平穏な世の中になってほしいものです。

嬉しいメッセージをありがとうございます。

「とりなしの祈り」・・・
あの日「とぉりぃなぁしぃ~」と覚えてくれた子どもたち。
そのまっすぐな気持ちが嬉しかったコチサです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する