ニックネーム 

トリックアートの画像


 根付く『あだ名』根付かない『あだ名』って、ありますよね 
 コチサが、妹の子どもたち(女ー女ー男)に「ブー、フー、ウー」と名付けたのは、
それぞれが産まれてすぐのこと 





 長女の「ブー」の時には、その後に「フー」と「ウー」が来るとは計算出来るはずもなく、
ただ抱いた感じが「太ったアザラシ」もしくは「太ったコブタ」みたいだったので、
アザラシのブー」と名付けたのでした 


 (妹の園子
本当にどこまでも失礼な姉で申し訳ありません<(_ _)>」と、
姑に頭をさげていた妹の姿に、心が揺れたものでした 


 で、都合よく、二人目、三人目と産まれたので、
ラッキーなことに「ブー・フー・ウー」が完成したのですが、
今では、その中の「フー」のあだ名だけが生き残り、
「ブー」と「ウー」は、自分がその呼び名で呼ばれていたことさえ覚えていません 





 フー
「なんで、あたしは『フー』ってあだ名なの? 


 コチサ
「それはね・・・長い史のある話なので割愛させてもらうよ。
お母さんに聞きなさい 





 思春期の高校生になった『フー』に、


「キミの名前は『三匹のこぶた』のお話から来ている 
かつて、姉は『ブー』で、弟は『ウー』だったけど、
何故かキミのあだ名だけが、今も残って定着してしまっているんだよ 


などと説明すれば、ただでさえっちゃり体系の『フー』は、


 フー
「あたしだけが、ブタみたいだから残っているのね 
と落ち込むことでしょう 


 根付く『あだ名』根付かない『あだ名』の間には、
実はそんな深い理由があるわけではないのに・・・





 社長
「そういえば中学の頃、『ブルート』ってあだ名の教師がいてね。
ある日、知ったんだけど、彼が『ブルート』と名付けられた頃には、
同時に『ポパイ』も『オリーブ』もいたらしい。
卒業生の先輩たちが『ポパイは○○先生で、オリーブは○○先生』と教えてくれたけど、
すでにその頃には別のあだ名が付いていたから、すごく違和感があったよ 


 コチサ
「そんなもんだよね。
その話を聞いただけでは、『ブルート』が一番根付きそうもないあだ名だもんね 


 コチサ
「なんかさ、ブーの時もそうだったけど、
妹の子どもって産まれたときはアザラシみたくてさ 


 社長
「それ、相槌必要かな? 


 コチサ
「あーぁ、同じアザラシイメージでも、
せめて『ビーバー』くらいのあだ名にしておけば良かったな 


 社長
「ビーバーだとエアコンが連想されて適そうで、思春期の娘にもイメージ悪くないよね。
でも二番目だけ『ビーバー』にしたら、三人のあだ名が繋がらなかったでしょ。
ブー、ビーバー、ウー』じゃ、変でしょ 


 コチサ
「そうしたら、『モコ、ビーバー、オリーブ』にしたよ 
だったら、フーだって、
自分のあだ名がアイドルから来ていると知って、良い気分だろうし 


 社長
「また今回も、すごい引き出し引っ張り出して来たね。
完璧にファン層を「団塊の世代」一本に絞ったね! 


 コチサ
「イェイ! 






 ちなみに、
 モコ:高橋基子さん
 ビーバー:川口まさみさん
 オリーブ:シリア・ポールさん
 だい!
 かしいと思った人、拍手ボタンを押してみてください。
 集計しましょう 


コメント:

オリーブは、シリアポールさんだったんですね。
現役で一番長く活躍されていたのが、シリアポールさんだった気がします。
モコ・ビーバー・オリーブって、知る人ぞ知るという存在でしたから、団塊の世代でも覚えている人は少ないと思います。
コチサさん、本当にすごいとこ引っ張りだしてきましたね。
  • [2012/06/09 15:30]
  • URL |
  • コチサファン一号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

> オリーブは、シリアポールさんだったんですね。
> 現役で一番長く活躍されていたのが、シリアポールさんだった気がします。
> モコ・ビーバー・オリーブって、知る人ぞ知るという存在でしたから、団塊の世代でも覚えている人は少ないと思います。
> コチサさん、本当にすごいとこ引っ張りだしてきましたね。

多くの方が歌っていますが、
シリア・ポールさんの「夢で逢えたら」もいいですよね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する