スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなしピエロ公演-「鯉の助の決めたこと」 

201605お誕生日会8
「♪やねより~たかい~こいのぼり~♪」



 おはなしピエロ公演2016年5月のご報告です。


 しい舞台での二回目のステージです 


 今回からはビデオ撮影もするようにしたので、いつか編集の腕が上がったら、映像を見てもらえることが出来るようになるかもしれません 


 さて今回のお話しは…





 鯉のぼりの「鯉の助」は食いしん坊な鯉のぼりです。

 毎日美味しい空気を食べて大空を泳いでいるのですが、満腹になるという事を知りません。

 だって鯉のぼりは頭とお尻が筒状になっているから、おいしい空気もすぐに通り抜けちゃうからね。

 どうしても「満腹」の満足感が知りたい鯉の助は、無理を言ってお母さんに尻尾のところをってもらうことにしました。

 鯉の助はびました。

 だって美味しいという満腹感を知ったのですから…

 でも…

 そうです、鯉の助は空をげなくなってしまいました。

 尻尾を縫ってしまったので、が通り抜けないからです。

当たり前でしょ。
そんなにお腹がれたら飛べる訳がないでしょ。
お腹いっぱいになるということは、鯉のぼりでなくなるということ。
でもそれをんだのは鯉の助、あなたなのよ。
鯉の助、あなたはもう鯉のぼりではないの
もうあなたは、お母さんやお父さんと一緒に空を泳げないのよ


 お母さんはそう鯉の助に言いました。

 鯉の助は鯉のぼりなのに鯉のぼりじゃなくなっちゃいました。

 鯉の助はえました。

 こんなに美味しいものをお腹いっぱいにべられるのなら鯉のぼりじゃなくてもいいかな?

 でも鯉のぼりじゃなくなったら…

 鯉の助は鯉のぼりの大切な役目を思い出しました。

 それは。

 「五月五日の子どもの日に元気に空を泳いで、世界中の子どもたちの成長を神さまにお願いしに行くこと」です。

 それは鯉のぼりだけに与えられた、神さまのくれた使命です。

 鯉の助は悩みました。

 「食いしん坊の鯉の助」でいるか?

 「鯉のぼりの使命を果たす鯉の助」になるか?

 …果たして鯉の助の決断は…






201605お誕生日会9
「ボクは鯉のぼりの鯉の助~♪」

201605お誕生日会1
「空気を食べてもお腹いっぱいにならないんだ・・・」

201605お誕生日会4
「ボク、満腹になってみたい・・・」

201605お誕生日会10
「お尻が縫われちゃったー!」

201605お誕生日会2
「いっぱい食べられるぞー!」

201605お誕生日会11
「お腹が重くて飛べないぞ!」

201605お誕生日会12
「やっぱりボクは鯉のぼりに戻りたい♪」

201605お誕生日会5
「ボクは鯉のぼりの鯉の助~世界中の子供たちを幸せにするんだ~♪」






 今回は「お尻を縫った鯉のぼり 」や「おままごとフルーツ 」などの小道具を駆使してのお芝居となりました 


 鯉のぼりとして生きる決断をした鯉の助の場面では、お尻を縫った鯉のぼりの仕付け糸を一気にちぎるそうすると食べたものが落ちて再び空を舞う…そんな演出をしたのですが、果たしてうまくいったのかは、写真を見て判断して下さいね 


 「良かったよ
 「面白かったよ


 園児たちからの心温まる(でも少し上から目線?)の感想に励まされ、今回も感謝の公演となりました 


201605お誕生日会7
「小道具のフルーツを集めるコチサ~♪」




コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。