宝石箱 

宝石箱の画像


 レイコちゃん
宝石箱見る?」


 コチサ
「コチサ、宝石には興味ないんだよ。
べられないし 


 レイコちゃん
「シュンのよ (^_^;)」





シュンというのは、レイコちゃんの4歳になる息子です 





 コチサ
「シュンも宝石持っているの?
生意気なのは態度だけじゃないんだね 


 レイコちゃん
「あのさ、コチサにとってシュンは人さまの子どもなので、『シュンくん』って言ってよね (-"-)
それに生意気とかは思っても、口に出さないの (ーー;)
立場上、私は母親だからね <`ヘ´>」


 コチサ
「で、生意気なシュンはどんな宝石ってるの? 


 レイコちゃん
(^^;;





 そして、クッキーの空き缶から出て来たシュンくんの宝石は、、、





 コチサ
「お母さん、コチサが保育園時代に大切にしていた『宝物箱』って取ってある? 


 お母さん
「文明堂の空き缶に入れていたゴミくずか?」


 コチサ
「お母さん、子どもが一生懸命集めた宝物をゴミくず扱いは失礼だよ 


 お母さん
「そう思って大切にしまっておいたのを、『こんなゴミくずいらん』言うて捨てたのは、オトナになったお前やで (ーー;)」


 コチサ
「あらやだ 





 人は誰でも、ゴミくずが光り輝く宝物に見える『』を持っていた時代がある 


 キラキラしていたあの頃の瞳は、どこへ行っちゃったんだろう? 





 お母さん
「お前、モノがって見えるようになったんか?
そりゃ『白内障』やで (ー_ー)!!」


 コチサ
「、、、


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する