スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなしピエロ公演-「紫陽花と子どもたち」 

2015-6お誕生日会10
「みなさーん、おはようございまーす♪」


 6月の「おはなしピエロ公演」をさせてもらいました 


 今回のおはなしは、梅雨をテーマにした4歳の男の子の友情物語です 




 人間の子ども「ジュンヤ」は、雨のせいで楽しみにしていた「ディズニーランド」に行くことが出来なくなってしまいました。

 空に向かって、「雨なんか大嫌いだ。二度と降るな」と叫びました。

 その声は、空の上から人間の為にジョウロで水を撒いている、雨の神さまの息子『雨の天使、小太郎』4歳にも聞こえました。

 「人間の為に、良い事と思ってしている水巻きなのに…雨が降らなくては人間が困ると思っていたのに…」

 そう信じていた小太郎はショックでした。

 小太郎は水撒きをやめてしまいました

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして雨の降らない日が続きました。

 一方、人間のジュンヤも気が付いていました。

 雨が降らないと、人間は生きて行けない事を…

 自分の不用意な一言が、雨の神さまのりをかってしまったのではないかと…

 その頃、天使の小太郎も、「このままではいけない」事を感じていました。

 でも、どうしてももう一度ジョウロを持って水を撒く気持ちになれません。

 誰かがなんとかして、ジュンヤと小太郎を会わせて和解させないと、大変な事になります。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そんな空の上の小太郎と、地上のジュンヤをわせたのは…






2015-6お誕生日会2
「ここは、雲の上の雨の世界です♪」

2015-6お誕生日会9
「雨を降らせるぞー楽しいなー by小太郎」

2015-6お誕生日会4
「雨なんか大嫌いだ、二度と降るなー by地上のジュンヤ」

2015-6お誕生日会1
「ボク、雨の神さまに謝りたいよ・・・by地上のジュンヤ」

2015-6お誕生日会5
「うわー、ボク雲の上に来たんだー byジュンヤ」

2015-6お誕生日会6
「すごーい、雨ってこうやって降らせるんだ byジュンヤ」

2015-6お誕生日会7
「やったー、あの畑に雨が降ったぞー byジュンヤ」

2015-6お誕生日会8
「ジュンヤ見てて、こうやって降らせるんだよ by小太郎」

2015-6お誕生日会3
「はしゃぎながら雨を降らせる二人♪」






 今回は、園児たちに『絵が浮かぶような、メルヘンの世界』を感じてもらおうと演じました 


 雲のじゅうたんの上で、初対面したジュンヤと小太郎 


 ジュンヤが小太郎の「ジョウロ」を持って、楽しそうに水を撒くシーン 


 その姿に「あまり撒き過ぎると大雨になるよ」と止めに入る小太郎 


 二人の後姿に、大きなを見てもらいたいと思いました 


 終演後、例によって感想を言いに来てくれる園児たち…


 今回は思い切ってこちらから聞いて見ました。





 コチサ
が見えた? 


 園児
「ううん。
小太郎とジュンヤしかいなかった (#^.^#)」





 落ち込むコチサ…


 慌ててフォローしてくれる賢い園児 





 園児
「で、でもは見えた (*^^)v」


 コチサ
あ、ありがと





 さぁ、また来月 


 今度はを見てもらおうかな 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。