おはなしピエロ公演-「おはなしをする訳」 

201504お誕生日会1
「はじめまして、おはなしお姉さんのコチサです♪」


 保育園での4月の「おはなしピエロ公演」が4月15日に行われました 


 新年度の最初の公演です 


 園児たちは、それぞれ進級し、0歳児の新入生が入ってきました。 

 先月までに比べると、一回り「小さく」なった気がします 


 ところが、12回の公演の間に一気に大きく成長するのですから感慨深いものがあります 


 さて、今回のおはなしは、各年齢層ごとにも、はじめて会う新園児もいるので、自己紹介も兼ねた、「なぜ、おはなしピエロは「おはなし」をするのか?」というおはなしです 





 遠く空の彼方のおはなしの世界には、おはなしを届ける「おはなしさん」たちがいます。

 「おはなしさん」たちは、そこで毎日おはなしの勉強をしています。

 「おはなしさん」たちは、月一回、おはなしの神さまに、おはなしの成果を報告します。

 そこで、おはなしさんが、「おはなしの目的」を忘れたお話しをすると『』を奪われてしまうのです。

 「おはなしお姉さんコチサ」も、ちょっとした神さまの誤解から「」をわれてしまいました。

 声を取り戻すには、園児たちの協力が必要です。

 そこで一丸となって、「おはなしお姉さんコチサ」の声を取り戻そうというおはなしでした。





 おはなしの世界の「おはなしさん」たちが、世界中の子どもたちにお話しを届けるにはふたつの理由があります 


 ①今、みんなに「おはなし」を観て聴いてもらって、楽しく元気な気持ちになってもらうこと

 ②いつかずーと後になって、みんなに悲しい事や辛い事があった時に、『そうだ、そういえばおはなしのお姉さんが、あの時あんなお話しをしてくれたな。なんかあのお話しを思い出したら元気が出てきたぞ』と、楽しく思い出してもらうこと


 この二つがあってはじめて、「おはなしの世界」の「おはなしさん」たちは、役目を果たした事になるのです 





201504お誕生日会3
「おはなしの神さま、今月も評価をお願いします」

201504お誕生日会4
「あっ、こ、声が出ない・・・」

201504お誕生日会5
「声が出なくなっちゃった・・・涙」

201504お誕生日会9
「声を取り戻す為にはみんなの協力が必要なの・・・」

201504お誕生日会8
「さぁ、みんな、協力してねー」

201504お誕生日会2
「あー、あー、まだ声が出ないよー」

201504お誕生日会6
「あーーー、あーーーー」

201504お誕生日会7
「やったぁー、声が戻ったー♪」






 今回、園児たちの協力で、コチサお姉さんは無事にを取り戻すことが出来ました 


 そして園児のみんなにも、コチサお姉さんがおはなしをする「ふたつの理由」を理解してもらうことが出来ました 


 さぁ、新しくお友だちになったみんなも、前からずーとおはなしを観て聴いてくれていたみんなも、おはなしの世界の楽しい旅に出かけようね 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する