おまじない① 

空き缶の画像


 子どもの頃の一番の薬は「おばあちゃんのおまじない」でした 


 お腹が痛くなった時も、「ちちんぷいぷい」のひと言で、痛みは吹っ飛んで行きました 

 手にイボが出来た時も、おばあちゃんが「ちちんぷいぷい」とひとこと言えば、翌朝は消えて無くなってしまいました 





 ユリちゃん
「でも、おばあちゃんはもういないんでしょ ヽ(´▽`)/」


 コチサ
「でもおばあちゃんのだから、コチサも出来るよ 


 ユリちゃん
「『イボコロリ』より効く?」


 コチサ
「アマゾンで『【第2類医薬品】イボコロリ液 6mL¥798』となっているから、それよりは安く効くと思うよ 


 ユリちゃん
「やっぱりおを取るんだ (´・ω・`)」


 コチサ
タダだと、効きそうもないとか思われそうで…


 ユリちゃん
「おばあちゃんもお金を取ったの?」


 コチサ
「ううん、おばあちゃんが取る訳ないじゃん 


 ユリちゃん
「でも効いたんでしょ?」


 コチサ
うん 


 ユリちゃん
「…」


 コチサ
「…」


 ユリちゃん
「…」


 コチサ
「『チチンピーピー!』、はい治ったよ 


 ユリちゃん
「いま、わざと『ちちんぷいぷい』を『チチンピーピー』って言ったでしょ 《゚Д゚》」


 コチサ
「言うわけないじゃん。
それより明日は治っているから、安心していいよ。
はもちろんいらないよ 


 ユリちゃん
「なんだか、やっつけ仕事をされた感じ (・・;)」


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する