延辺料理 

新大久保「金達莱」の画像1
「新大久保にある「金達莱」」

 最近、外食しぎかな 
 この日は、新大久保の「金逹莱」での食事会 



 最近では、コチサが一番く利用しているお店です 

 ここは、「韓国料理」ももちろんあるけど、基本は「延辺料理」のお店です 

 「延辺」とは、中国と北朝鮮の間にある地名らしい 
 (定かな知識ではないので、人に言うときは、ちゃんと調べてくださいね(^_^)v



 ここのウりは「羊串肉」。

新大久保「金達莱」の画像2
「これが「羊串肉」・・・羊が苦手なコチサでもパクパク食べられます(*^_^*)」


 これを自分で焼いて食べるのだけど、しっかり焼いて食べないと
大変なことになります 
 (社長とお友だちのハギちゃん大変なことになりました 


 でも焼くのに慣れてくると、その美味しいこと美味しいこと 


 コチサは羊の肉は苦手でしたが、ここのだけは大好きで、
過去にひとりで15本の串を食べた記録があります
 (今回は6本でしたけど(#^.^#)


 で、この店は、人気の新大久保の「韓国料理店」の中では、
ちょっとディープな位置付けで
「羊串肉」以外にも、いろいろな料理があります
 (ここは敢えてボカシておきますので、それぞれ自分で確かめてくださいね(^O^;


 なので、コチサがお友だちをここにご招待するのは、初めての食事会ではなく
何度か共に新大久保の店を食べ歩いて、気心知れた関係になってからです 


 さぁ、こうやって書けば、なんかグルメレポートっぽくて、「新大久保 金逹莱」の
検索で飛び込んでくれた人にも納得してもらえるでしょうか 
(まだ、この記事を引きずっているコチサです(ーー;)



新大久保「金達莱」の画像3新大久保「金達莱」の画像4
「マッコリとチャミスル」

新大久保「金達莱」の画像5
「日本の酢豚よりかなり甘め・・・コチサは好みです♪」

新大久保「金達莱」の画像6
「「茄子とひき肉の味噌炒め」・・・ご飯が欲しくなっちゃう(^_^)v」

新大久保「金達莱」の画像7
「「豚肉のコチュジャン炒め」・・・辛さがちょうどいい感じ♪」

新大久保「金達莱」の画像8
「「じゃがいものチヂミ」・・・もっちもちの触感でこれまた絶品(^^)/」




 で、話は変わりますが、人間は、嫌いなものには、
体の本能から嫌いなもの」と
イメージから嫌いなもの」の、
二種類あると思うのです 


 これが人間相手だったら、どっちも嫌いなものは嫌いで済みますが、
食べもの相手だと、なんか微妙です 


 人参とピーマンが嫌いな子どもに、お母さんが、すり下ろしたものを炒飯に入れて食べさせたら、
子どもは「おいしい、おいしい」と喜んで食べました 


 ここでお母さんは黙っていれば良いのに、
よく食べたわね。嫌いな人参とピーマンが入っていたのよ
なんて言ったりしたら、子どもの気持ちはどうでしょう? 


 「ありがとう、お母さん。
ワタシ、嫌いな人参とピーマンが食べられたわ

と喜ぶ良い子は少数で、多くの子どもたちは、
裏切られた」とか
じゃぁ今まで食べられなかった自分は何だったんだ
とか、悩み苦しむものではないでしょうかぁ! 




 ヨシちゃん
「まぁまぁコチサさん、ここはひとつ私に免じて怒りを抑えて下さい(#^.^#)/


 コチサは、「おいしい、おいしい」と食べていたのに、横からまたコイツが・・・


 社長
「それ鶏の指先だよ」


 なんて言うもんだから、食べられなくなったどころか、お腹の中では、
すでに食べられた指先たちが、コチサの胃袋をその爪で引っ掻き回し始めました 


 コチサ
「いったいこの始末、どうつけてくれるんでぇ 


 ヨシちゃん
「でもまぁ、言われるまで気づかずに食べていたコチサさんも変と言えば変ですよ。
だって形まんまじゃないですか 


 まぁ言われてみれば確かに・・・

新大久保「金達莱」の画像9
「すみません、見にくくて<(_ _)>
「鶏足炒め」タッパル・・・なぜかこれだけ一段とブレてました(ーー;)」


 鶏足炒め「タッパル」、ご興味あれば是非召し上がって下さいね 



 社長
「味はコリコリ、豚足っぽくて美味しいよ 

 コチサ
「キミはりなさい 

 社長
「はいっ 

コメント:

食べものの好き嫌いが多いコチサさんは有名ですけど、私もこれは食べられないかも。

Re: タイトルなし

> 食べものの好き嫌いが多いコチサさんは有名ですけど、私もこれは食べられないかも。

この「指先クン」なかなか手ごわいヤツです。
ぜひ一度ご対面あれ(>_<)/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する