ひな祭り 

おひなさまの画像


 コチサ
「お母さん、コチサのひな人形ってどうしたかな? 


 お母さん
「買った初日にお前がお内裏様の腕を引き延ばして、折ってしまった人形のことか?」


 コチサ
「今日はお雛祭りだから、コチサのひな人形はどうしたかと思ってさ 


 お母さん
「お前が、お雛さまの衣装を脱がせて、リカちゃん人形の衣装を着させようとした人形のことか?」


 コチサ
「なんか言い方が、とげとげしいね 


 お母さん
「当たり前やろ、おばあちゃんが初孫やからと買うてくれた高価なひな人形を、あっという間に壊したんやからな。
ワタシは親として合わせる顔が無かったわ (・・;)」


 コチサ
「そう思ったから、大きくなってから浩二の五月の節句のカブトも壊しておいたんだよ 


 お母さん
「あれもお前やったんか!」


 コチサ
「そうすれば、コチサに限らず、子どもというのはみんなモノをすもんだと思ってもらえると思ってさ 


 お母さん
「とにかく、お前のひな人形なんていうものはいもんやと思っておいた方がええで (´・ω・`)」


 コチサ
「押入れの奥にしまってあったのは? 


 お母さん
「あれは園子のや。
園子のは壊れてないからな )^o^(」





 それでも三月三日は、子どもの頃のひな人形が懐かしく思い出される一日です 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する