落とさずにはいられない 

朝焼けの画像


 に向けて、天候が定まりません 


 雨粒が街を歩く少女のを穿(うが)ちます 


 『雨垂れ石を穿つ』の言葉もあります 


 雨粒がいつまでも頬を打てば、やがては少女の心にも大きなひびが生じるかもしれません 


 でも安心です 


 すぐに「桜の花びら」が舞い、少女の頬に触れることでしょう 


 四季のある国、日本に住む幸せを一番知っているのは、時折赤らむ少女のほっぺたかも知れません 





 お父さん
「そういえばお前は子どもの頃、よく肥溜めの『』をほっぺたに飛ばして帰って来たな 





 キレイな文章で終わらせられず、どうしてもオチを付けたくなるのがコチサの性分のようです 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する