…稲穂かな 

焼売定食の画像


 コチサ
「という訳で三日連続で引っ張ったけど、この話の結論は…


 お母さん
「『お米を送れ』言うことやろ ヽ(´▽`)/」


 コチサ
「さすがおさん! 


 お母さん
「お前に食べさすお米くらい余っとるから、たくさん食べえよ (*゚▽゚*)」


 コチサ
キュウリのキューちゃんも付けてね 





 『 実るほど頭を垂れる稲穂かな 


 益田家の田んぼで、太陽の光りを受けて黄金色に輝いたお米には、謙虚な心感謝の心奉仕の心など、たくさんの心の種が宿っています 


 ただその種を自らの心で花開かせられないのは、これはもう稲穂の責任ではなく、ひとえにコチサの性格的な責任のようです 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する