本屋へ行こう① 

本屋の画像


 久々に入った大型書店は、圧倒されるほどの書籍の山とインクの匂いに包まれて、気持ちを昂揚させてくれました 


 最近はネットで書籍を購入する機会が多くなりました 


 ネットの場合、いくつかの本を吟味し、レビューを参考にして、一番欲しくて必要な本を決定してから買うので、先ず「失敗」はありません 


 無駄遣いをすることもなく、効率的に経済的な買い物ができます 


 しかし書店の場合は…





 コチサ
「なんか惹かれるタイトルだ…
よーし買っちゃえ 





 などと、タイトルだけでなく、帯に書かれた推薦文や装丁デザインなどで直感的に手に取ってしまう場合が多々あります 


 書店という場所の雰囲気も重なって、いわゆる衝動買いが多くなるので、当然、当たり外れがあります 


 しかし、たまに当たりを引いた時は、自分の見識や視野が思わぬ方向に広がって、ひとつ人間がきくなった気がしたものです 





 コチサ
「さぁ、あなたは、安全策を取りますか?
リスクあるけをしますか? 





 ネットの本屋さんと現実の書店さんには、そんないがあるような気がしました 





 コチサ
「いつの間にかリスクを避けた小さくまとまった人生を送っていたのは、リアル書店に足を運ばなくなったからかもしれない 


 会長
「で、どんな本を買われたんですか?」


 コチサ
「結局、本は買わなかったんだけど、そういうことをんだってことだよ 





 最近では書店のも少なくなっているような気がします 


 先ずは散歩がてら、お近くの本屋さんに足を運んでみませんか? 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する