本屋へ行こう② 

アカデミーヒルズの画像


 会長
「昨日の記事は、本屋組合さんとかと手を組んだ広告ブログですか?」


 コチサ
「だといいけどね。
残念ながらそんな大物じゃないんだよ 


 会長
「結局、本屋さんで本を買わなかったとのことなんで、机の中に眠っていた図書券をお持ちしました。
良かったら使って下さい ヽ(・∀・)ノ」


 コチサ
やったぁ~
さすが会長。
行って来ま~す 





 そして…





 コチサ
「やっぱり、図書券、します 


 会長
わなかったんですか?」





 不思議なものです 


 図書券を持って、その金額だけ本を買おうと思って書店に行くと、わくわく感や昂揚感が薄れていました 





 コチサ
「買わなくてはいけないという思いがあると、目につく本も決まってきちゃうし、なんか違うんだよね。
買う気も無くて本屋さんに寄ってプラプラ見ていると、本の方から『私をて、私をんで』って声が聞こえるんだよ 


 会長
「なんとなくわかるような気がします。
それでは図書券は再び私の机の中に戻すといたしましょう o(^▽^)o」


 コチサ
「それがさ~。
本屋さんの隣が金券ショップでさ~ 


 会長
「まさか、コチサさん Σ(゚д゚lll)」


 コチサ
冗談だよ 
コチサはそんな人を驚かすことのできる人間じゃないよ。
はい図書券 


 会長
「私にとっては、図書券がまともに戻ってきた事で、十分かされていますが…( ◔ิω◔ิ) 」


 コチサ
「…



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する