同級生 

小さな天使の画像


 タミちゃん
「もしもし」


 コチサ
ようこそここへぇ~


 タミちゃん
クックックックぅ~


続きを読む
スポンサーサイト



反抗 

クリスマスイルミネーションの画像


 というわけで、加齢に反抗するために、寝起きの悪い人間に戻ることにしました 


 そのためには、夜更かしが一番ですが、これが難しいのです 


 夜になると、が勝手にくっついてしまいます 


続きを読む

加齢? 

クリスマスイルミネーションの画像


 最近、目覚め爽やかなが続きます 


 心身ともに健康な証拠でしょうか 


 子どもの頃、お母さんに何度怒られても起きられなかった日々がのようです 


続きを読む

田舎のバスは~ 

観光バスの画像


 で、バスの中で演じさせていただいた「おはなしピエロ(一人芝居)」ですが、公演後、大きな勘違いしていたことを知りました 


 コチサは、ネタに使う題材は、全て事前に詳しく出自等を調べるのですが、今回ばかりはあまりに思い込みがしかったようで、おざなりになっていたようです 


続きを読む

バスツアー 

観光バスの画像


 依頼人のご夫妻
「コチサさん、る仕事ならなんでもお願いして良いのかしら?」


 コチサ
「はい、今は背に腹はかえられないのでNGなしです 


 ご夫妻
「今度、バスツァーを主催するので、バスガイドさんをお願いします」


 コチサ
ガッテンです。 お任せ下さい 


続きを読む

10円玉の行方 

松ぼっくりの画像


 子どもの頃は、道端で10円玉を拾って駐在さんに届けると、


 駐在さん
偉いね、ありがとう 


 そう言って、その十円玉を机の引き出しにしまい、自分の財布から10円玉を抜き出してくれたものでした 


続きを読む

嗅覚 

犬ぬいぐるみの画像


 コチサは、嗅覚が発達しています 


 いろいろな臭いをぎ分けられます 


続きを読む

聴覚 

路地の画像


 コチサはそんなに聴覚が発達しているとは思っていません 


 発達してたらこんなに音痴にはなっていないはずですし…


続きを読む

気立ての良い子 

ウェディングラビットの画像


 の話が出て思い出したのですが…


 まだ結婚前、先方の両親への挨拶を済ませた妹がニコニコ帰って来たそうです 


続きを読む

井の中の蛙 

クリスマスイルミネーションの画像


 妹・園子
「ブー(コチサにとっては姪っ子になります)が推薦で長野の大学を受験する事になったんや。
どんな大学か見に行って、写真でも送ってくれへん? (^^)」


 コチサ
「じゃぁ、なんかのついでにくことがあったらね 


続きを読む

卒寿 

草履の画像


 昨日の流れから


 さて、そうやって演劇の基礎をコチサに教えてくれた宝生あやこ先生ですが、メディアの前に姿を見せなくなって随分経ちます


続きを読む

茶色い戦争 

本の画像


 かつて詩の朗読の舞台をやっていた時、コチサは「中原中也」さんの「サーカス」を選びました 


 七五調のリズムの良さと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
という言葉の響きが、に出してみると、とても心地良く感じたからです 


続きを読む

あしあと 

あしあとの画像


 駅からの帰り道、ふと振り返って歩いてきた一本道の道路を見渡しました 


 もし足跡が形になって残るなら、この道にはどれだけの足跡が浮かび上がるのでしょうか 


続きを読む

救命講習 

AEDの画像


 東京消防庁が行う「救命講習」を受けて来ました 


 先ずは、90分の講習による「救命入門コース受講証」を頂きました 


続きを読む

おはなしピエロ公演-「慌てんぼうのサンタさん」 

2013-11お誕生日会1
「おはなしピエロ、はじまりーはじまりー♪」


 恒例の、保育園での「おはなしピエロ」11月公演です 


 今回のおはなしは…


続きを読む

スマホ用手袋 

手袋の画像


 手袋も三年目になると、親指と人差し指の腹の部分が擦り切れてきます 


続きを読む

木枯らし一号 

紅葉の画像


 『春一番』に比べて、もの悲しい気持ちになる言葉です 


続きを読む

伯母の血を引く? 

薔薇のリースの画像


 若者に人気のアーティストのノベルティグッズをいただいたので、姪っ子ブーに
いる?
と連絡したら、さぁ大変 


続きを読む

垂乳根乃 

天使さまの画像


 昨日の「枕の父」というタイトルから、母、枕詞などと連想していって、「垂乳根乃(たらちねの)」という言葉を思い出しました 


続きを読む

枕の父 

抱き枕の画像


仕事明けの月曜朝のの粘着力といったら、アロン○ルファも真っ青です 


続きを読む

測量士コチサ 

コトナビの画像1


 先日コチサが「測量士」になった時の写真です 


 実はこれは、「ことばの道案内」(略称『ことナビ』)という活動の一コマです 


続きを読む

自力回復 

ブルーバイオの画像


 さて、ここまでの16日間、パソコンの「ブルースクリーン問題」で、連日の短文ブログ更新を続けさせていただきました 


 毎回ネタにされる関連各所からのクレームも多くなってきましたので、ここで、これまでの進捗をご連絡させていただきます 


続きを読む

短めブログ16 - 「ネタ探し」 

コチサパソコンの画像


 お母さんが、あぜ道で太極拳をして、バランスを崩して田んぼに落ちて『スケキヨ』状態になって助け出された話はしたでしょ? 


 じゃぁ、お父さんがカツラ嫌いになった『海藻海パン事件』の話はしたかなぁ? 


 それから、、、





 お父さん
「おい母さん、家の田んぼを全部売り払ってでもこの娘にパソコンとやらを買い与えてやってくれ。
それも絶対にれないやつをな、ハァハァ 


短めブログ15-「同棲時代」 

ハートの画像


 ここ連日登場してくれた真理アンヌさんは、ウルトラセブンのアンヌ隊員ではありません。


 アンヌ隊員は「ひし美ゆりこさん」で、別人です。


 ちなみに、ひし美ゆりこさんは、社長のれの女性です 


 それもウルトラセブンを見てではなく、当時ファンだった由美かおるさんの主演映画「同棲時代」を観に行って、ひし美ゆりこさんの美しさに圧倒され、由美かおるさんから乗り換えたというふとどきものです 





社長
「ねぇまだパソコン直らないの?
このままだと機密情報がだだれだよ 


短めブログ14-「地黒天然パーマ」 

ブタとキリンの置物の画像


 そんな訳で、こうした地黒天然パーマのコチサが出来上がったわけですが、この失敗作を生み出した両親はと言いますと、藤本義一さんのようなロマンスグレーになる前にすっかり頭髪を失ったと、彫りの深さに一生分全ての皺を使ってしまったかのように、現在もスベスベの肌が自慢ので、この夫婦なんとかうまくやっているのでございます。



 可哀想なのは、真理アンヌさんになり損ねたこの地黒天然パーマの娘ひとりということです 


 あぁ悲しや、パソコンのれた人生 


 こんな身を削る話を小出しにするなんて 


短めブログ13- 「スフィンクス」 

スフィンクスの画像


 そんな山猿コチサですが、父の祈りがもっと強ければ、真理アンヌさんにもう少し近づける可能性はあったはずです 


 母が、四国では珍しく、彫りの深い顔立ちをしていたからです 


 「お前のかーちゃん、スフィンクスみたいやな 


と、社会科の教科書のスフィンクスの写真の下に、


 「ますだのかーちゃん 


と、イタズラ書きをされたものです 


 それなのに、彫りの深さより天然パーマだけが似ちゃったんだい 


短めブログ12- 「11PM」 

白黒テレビの画像


 昨日からの引っ張りになりますが、父は関西圏という土地柄か、読売テレビ制作の曜日の回が好きだったようで、藤本義一さんの横で微笑む真理アンヌさんを推していました 


 「お前は、松岡きっこさんより、真理アンヌさんのようになれ 


 とい願いを娘に託しました 


 親は中途半端に子どもに願いを託してはいけません 


 インド系ハーフの真理アンヌさんだから似合う褐色の肌だけをいただいても、コチサはただの地黒の山猿になっただけでした 


 願うならちゃんと最後まで責任を持って願って欲しかったよ、父ちゃん 


短めブログ11-「万年筆」 

万年筆の画像


 お父さんに、


短くても、シャキッと決まる話はないかな 


と聞いたら、


みじかびの
きゃぷりきとれば
すぎちょびれ 
すぎかきすらの
はっぱふみふみ
 


と教えてくれました 


 そんな時代の父から生まれたです 




短めブログ10-「霊視」 

渋谷駅ホームの画像


 ホームで、落ちた財布を拾ったけど声を掛けなかった人が、駅員さんに弁明しています 


「『そこのご婦人』と声をかけたら、誰も振り向かない様子が霊視出来ました。
そこのお嬢さん』と声をかけたら、一斉に振り返る姿が霊視出来ました。
前者は私にとって、後者は振り返った方々にとって、どちらも後味の良いものではない気がしたのです 


 ねっ、こういう『出落ち』ならぬ『タイトル落ち』も今更感が満載でしょ 


 早くパソコン直らないかな 


短めブログ9-「あのねのね」 

お地蔵さんの画像


これ絶対内緒にしてね 


 という女友だちの話は、率先してバラしちゃうくせに 


ねぇ、今、そのお地蔵さんと何か話していたでしょ 


 と聞いても、絶対にしらを切る女の子は、本当に霊感を持っているしい子なんだよ 


続きを読む